Cheer's Marimba & Percussion Duo


1999年、神原瑶子・大森たつしにより「Cheer’s(チアーズ)マリンバ&パーカッションデュオ」として洗足学園音楽大学在籍時に結成。
これまでに、American Wind Symphony Orchestra(北米)の客員打楽器奏者として、「International Festival of Arts & Ideas」等に出演。新曲初演、2台マリンバ協奏曲、CDレコーディングに参加するなど200回以上の海外公演を展開する。
また国内においてもオーケストラとの共演、テレビ・ラジオ番組の出演、CD・映画音楽等のレコーディング、槇原敬之をはじめ数々のアーティストのサポートミュージシャンとして多方面に渡り活動。
演奏活動の他、メンバー各々が国内外の学校にて講師、マスタークラス、コンクール審査員を勤める。
また各種学校において音楽鑑賞会やワークショップの企画・出演も行い、「目で」「耳で」「体で」音楽を感じ楽しむことをテーマとし、豊かな創造表現の育成を目指す。
現在、デュオ演奏の他「Cheer’s Marimba & Percussion Ensemble」として、多様なスタイルで公演も行っている。
 
iTunes storeにて Cheer’s マリンバデュオミニアルバム「stripes」配信中。
facebook Cheer'sのページはこちらから